2018年06月22日

狂の精神史、中西進」「能 神と乞食の芸術 戸井田道三」特に衝撃的だったのは

所詮 現実には真実はない 音楽の盟友よりすすめられた、二冊、「狂の精神史、中西進」「能 神と乞食の芸術 戸井田道三」特に衝撃的だったのは「狂の精神史」著者は我々人間のメンタリティーとして内的実相意識、内的狂的精神と大きく分類、内的実相意識は当然生きるための表面意識、あるがままの世界を捉える意識、内的狂精神は自身のうちにあるパラレルワールド
意識、実相世界には実在あるのだろうか?もし実相が虚幻であれば、実在永遠は何処にあるか、さまざまな過去の観阿弥、世阿弥、和泉式部、松尾芭蕉、風狂に生きた芸術家
上人僧やさまざま坊主、蓮華城坊という坊主が入水して成仏を遂げるため、意識がこの現界に未練を残さない訓練をして死を遂げる。まさに狂なり。まさに死狂なり。
風狂に生きたあの尾崎放哉、俳諧師をふと思い出す「漬物桶に塩をふれと母は生んだか」
最後に「能 神と乞食の芸術 戸井田道三」にて確認できた内容は世阿弥の父の観阿弥の頃の能はかなりさまざまな形体が錯綜する能があったようである。なるほど思った。
わたしも先人の風狂を目指して、表現し続けよう。自身の恋が実らないからと。求不得苦(ぐふとくく) - 求める物が得られないことにやけにならず、狂に生きよう。
この世界は虚であるからこそ狂に生きよう。ありがとうございます。
DSC_0126.jpg
posted by 和完 at 08:42| Comment(0) | 日記

2018年06月18日

あのフラメンコのじたんだ踏む踊り

ジプシーキングス。で瞑想、このバイブレーションの中仕事に向かおう。美しく悲しい。フラメンコ革新。戦国時代、日本の女性たちは何十万人と火薬や武器のおんしょうのため、西洋にその身柄を売買された、その多くが、スペインのバルセロナに流れ、自身の悲しみ苦悩を叫び、あのフラメンコのじたんだ踏む踊りが確立したと噂される。わたしはすっかりトランスしてきた。神よ世界は悲しみと喜びに似たマトリックスに翻弄される万華鏡ですね。あー涙が流れる。


posted by 和完 at 08:15| Comment(0) | 日記

2018年05月19日

(日本の芸能史)井沢元彦論と(津軽三味線の誕生、大條和雄)を読んで

この二冊をほぼ同時に読んでみた。すごくおもしろく読んだ。
(日本の芸能史)井沢元彦論は痛快!日本の文学、(源氏物語、平家物語)、芸能(能、歌舞伎)平清盛、義経の多くは怨霊信仰に基づき展開してきた。源氏物語では、当時藤原一族と源氏一族(嵯峨天皇の流れ)の精力争いにより、藤原が勝利、大敗した源氏を鎮魂供養するために源氏物語を藤原家が紫式部を使い執筆編纂させたらしい。
(津軽三味線の誕生、大條和雄)は大天才、仁太坊の創造秘話 、仁太坊の奥さんはマンと言いイタコであった。
やはりそうだったか、非物質的次元との交流により津軽三味線は誕生したんだ。
私の即興唄三味線も同じプロセスを踏んでいる!腑に落ちた。
最後にこの怨霊エネルギーは五次元には作用しないと聞いた。三次元、四次元には怨霊エネルギーが実在作用する!
確か、以前読んだ(マグダラのマリア福音書)ではキリストいわく、ネガティブ想念、怨霊、は高い意識世界(おそらく五次元以上) では昇華され消えてしまう!つまり怨霊は我々の三次元、四次元に実在するエネルギーだろう。写真右下の妖怪は!ぬえ、
32802468_1654832544608249_536638000218505216_n[1].jpg
32807810_1654836254607878_633308196403937280_n[1].jpg


posted by 和完 at 08:22| Comment(0) | 日記