2018年02月04日

今朝はこの栗と松の491本の木を組み立てた実に古典を尊んだオルガンで瞑想した!



今朝はこの栗と松の491本の木を組み立てた実に古典を尊んだオルガンで瞑想した!
やはりバッハが生きていた時代にこのオルガンがあったらと想像する。
このオルガンは生で死ぬまで一度聞いてみたい、そして三味線で共演したい。
音楽の神霊よ!我愚才なる芸術家をお導き願いたい。

レポート情報
ジョルジオ・クエストラのオルガンは、単なる楽器です。数時間で組み立てられ、簡単に運ばれ
ます。この意味では、それは古い「奏法的な」臓器のようなものですが、その小さな次元にもか
かわらず、その音韻構造は16世紀の共通のイタリアのオルガンである。
楽器は完全に木製で完全に機械的です。ジョルジョ・クエスタは、古いマスターオルガンのビル
ダーと同じ職人の方法に従って、それを自分で作りました。松と栗のパイプ491本で構成されて
います。ペダルボードが追加されたキーボードは4オクターブあります。
その停止(松、オクターブ、第15、第19、第22、フィファロ/コルネッタ、VIIIのナイトホーン
、XIIのウッドフルート、第26、第20シントンのプリンシパル)は古典的なイタリアのオルガン
の典型である期間。古代のオルガンの伝統に従って、2つの小さなアクセサリー、 "passero e
passera"が鳥通りを模倣します。
posted by 和完 at 09:45| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: